緒形拳インタビュー@時代劇マガジン Vol.6

  • にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へ

『時代劇マガジン Vol.6』。ホントに年内に出た(^_^;)。必殺関係では、緒形拳とジュディ・オングのインタビュー。緒形拳インタビューで印象に残ったところ。

仕事屋に再度出演を決めた理由

「ギャラで口説かれたんだ(笑)」

からくり人の時次郎の殺しの道具の鉄ヘラについて

「ああ、それ、イマイチだった(笑)」

演じた殺し屋へのこだわりについて

「普通に庶民の中に生きていて、ふわーっと笑っている人の中にすごく怖い面があったらどうなんだ?ってところだよね。夜になると変身して、ジキルとハイドみたいにその黒と白っていう面を強調して、そこだけ捉えてね。でも最後にはもう息切れしちゃってた。他に(必殺シリーズで)もっとやりたいって言われたんだけど、僕の中ではもうやれるものがなかった」

そのほか出演映画に触れつつも、

「僕のことを映画俳優だと思っているでしょうけど、大きな間違いだね。僕はテレビ役者だよ」

と言い切るところが男前です。

ジュディオング編は山田五十鈴とのエピソードが必読。二人ともカメラの石原興氏をべた誉めしています。

あと必殺以外では「跋扈妖怪伝牙吉」が面白そうな気が少し。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする