「カードマジック事典」で10コ選ぶならこれよ、アンケート

  • にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へ

ひさびさのアンケート企画。今回のテーマは「『カードマジック事典』で10コ選ぶならこれよ」。もし自分が「カードマジック事典」からアンソロジーを編むならこれを入れるよなあ、というのを1人10コ以内で選んでもらえればというアンケートです。10コ全部でもいいし、1コでもOKということで。それぞれ理由も書き込んで投票してもらえればありがたし。187コもあるので、探すのも大変でしょうが、ご協力いただければ幸いです。あと、1回に1コしか投票できなかったりもしますが、その辺のめんどーくささもふまえて、ご協力いただければうれしいです(^_^;)。「カードマジック事典」を持っているの前提(借りたとかはあり)の企画なので、読んだことのないヒトは今回はスルーということで、すみません。締め切りは11/20あたり。dr-koji氏がすでにピックアップされているのでリンク(10コ以上あるけど(^_^;))。ちなみに16○が選ぶ10コは以下の通り。

■16○が選ぶ10コ(順不同)
●コレクターズ(Collectors):デリック・ディングル/P146
 …現象が面白いので。実際にやるときは、いろいろ変えて演じてます。
●色の変わるデック-1(Color Changing Deck):ポール・カリー/P164
 …大学の入学式の新歓で見て、ひっくり返ったマジック。これを見てマジックを始めたのかも。
●ひょっこり現れる3(Pop-over Treys)/P213
 …大学のマジッククラブで最初に教わったのがコレ。たぶん生涯で一番演じた機会が多いはず。
●赤と黒(Out of this World):ポール・カリー/P231
 …名作。 いろいろやり方を変えて、結局原典に戻したり、戻さなかったり。
●アンビシャス・カード-2(Solid Deception):ポール・ハリス/P243
 …最初見たときにひっくり返ったので。
●水と油-4(Oil and Queen):ロイ・ウォルトン/P255
 …自分が水と油をやるときはこれ。クライマックス至上主義なので。
●マジシャン対ギャンブラー(Magician vs. Gambler):ハリー・ロレイン/P307
 …ストーリーのあるマジックをやるときはこれ。
●Aの出現(Cutting Aces):ダイ・バーノン/P309
 …これが2番目に教わったマジック。先輩、教える順番が違う気がします(^_^;)。
●ひっくり返るA-1(Twisting the Aces):ダイ・バーノン/P329
 …伝説のK先輩がよく演じてくれた思い出。
●リンキングカード-1(Cardboard Conection):ポール・ハリス/P332
 …ポール・ハリス大好きなので。これもトリックを知ったときひっくり返ったなあ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする