マジック関連書籍

  • にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へ

「英語でペラペラマジック」角矢幸繁著、東京堂出版。みんなで楽しむ、親しくなるきっかけとして、だれでもできる簡単なマジックをやさしい英語でどのように演じればよいのか、その実際の手順、やり方、楽しいセリフの言い方を多数のイラスト・写真とともにわかりやすく紹介

「ザ・マジック Vol.69」コーナード・ビル・イン・シガレット。FISM2006特集。年に一度の表紙チェンジ号。

「地球最後の奇術師」ハヤカワ文庫。宇宙英雄ローダン・シリーズ。ローダンは苦慮したすえ、奇策を思いついた。現実主義者のラール人には想像もできない手段―奇術のトリックをもちいて、友を助けようというのだ。さっそく、地球に残る唯一の奇術師が帝国大本営に呼ばれたが…。タイトル買い。

「奇術師の密室」リチャード・マシスン著、扶桑社ミステリー文庫。往年の名奇術師も、脱出マジックに失敗し、いまは身動きできずに、小道具満載の部屋の車椅子のうえ。屋敷に住むのは、2代目として活躍する息子と、その野心的な妻、そして妻の弟。ある日、腹にいち物秘めたマネージャーが訪ねてきたとき、ショッキングな密室劇の幕が開く! 解説に松田道弘氏。

「マジック(上)(下)」冷徹で貪欲に生きてきたガンジェは、社長令嬢ヨンジンとの結婚を企む。そこへ明るい大学生ダニョンが現れ、たびたび会うことになるが…。韓国SBS放送のTVドラマ「マジック」の脚本をもとに翻訳し、小説化

「プラネタリウムのふたご」いしいしんじ著。講談社文庫。星の見えない村でうまれ、ひとりは手品師になり、ひとりは星の語り部になった

スポンサーリンク

シェアする

フォローする