図解マジックパフォーマンス入門

  • にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へ

「図解マジックパフォーマンス入門」カズ・カタヤマ著。東京堂出版。2,310円。

「図解マジックテクニック入門」「図解ステージマジック入門」に続く第3弾。

今回も面白いなあ。注釈入れて34ページあるMr.マリック・ロングインタビューが話題になりそうですが、3本ロープのクロースアップ、パーラー、ステージでの見せ方の違いとか、ステージどころかパーラーもやりませんが(^_^;)、参考になります。

スポンジボールの解説はひさびさに本を片手に手順を追ってみました。ゆうきとも氏の「トリオ」の解説あり。

で、野暮を承知で各章のタイトルの元ネタを紹介してみたり。

◎第1章 卓上は無慈悲な夜の女王
  →「月は無慈悲な夜の女王」(ロバート・A・ハインライン著)

◎第2章 楽宴の泉
  →「楽園の泉」(アーサー・C・クラーク著)

◎第3章 永遠の淵に立つ舞台
  →「永遠の淵に立つ都市」(「宇宙大作戦 謎の精神寄生体」収録)

◎第4章 スポンジの陽のもとに
  →「ソラリスの陽のもとに」(スタニスワフ・レム著)

◎第5章 世界はがらんどう球でおれはカードにさわってしまったんだから
  →「世界はがらんどう球で、おれは空にさわってしまったんだから」(「宇宙大作戦 パイリスの魔術師」収録)

◎終章 幼年期の終わり
  →「地球幼年期の終わり」(アーサー・C・クラーク)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする